Subscribe RSS
ゼロ金利日本での資産防衛は高金利通貨で 1月 24

周知のとおり日本の政策金利はゼロ金利と呼ばれる低水準の状態が継続しています。
1000兆円の財政赤字を抱える以上インフレ基調の常態に変わらない限り金利の上昇は日本の財政の破たんを意味します。

先進国は概ね少子高齢化社会で社会保障の膨張と内需の減少と言う日本と同様の事情を抱えていますので低金利政策を維持している国が多いと言えます。
一方経済成長の著しい新興国はインフレ基調の為政策金利が高めに設定されており、それらの国の通貨は高金利通貨と言えます。

資産形成あるいは資産の目減りをヘッジすることを考えると政策金利の高い国の高金利通貨に資金運用をするのが望ましいでしょう。
FX取引においては高金利通貨は大きな魅力があります。
スワップポイントで決済までの間の高い金利収入が得られるからです。
また高金利通貨による外貨預金も利息によって資産を増やすためには魅力的な投資対象です。

日本は今後少子高齢化によって内需が減少していくことは間違いありません。
日本国内に投資対象が見つからない以上政策金利が上昇し利息、利回りが上昇する可能性はほとんどありません。
経済発展が顕著で政策金利のが高めに設定されている高金利通貨を選んでFXや外貨預金で資産防衛して行くしかないでしょう。

Category: 高金利
You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. You can leave a response, or trackback from your own site.
Leave a Reply » Log in